このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 078-600-2683
【受付時間】平日9:00〜18:00



ドローン飛行許可申請、機体登録を代行します

ドローンの飛行をご検討中なら、私たち花家行政書士事務所のドローン飛行許可申請代行サービスにお任せください。

許可要件の診断、必要書類の収集、申請書作成、申請手続きまで、お客様の手続きをすべて代行します。

まずはお気軽にお電話、メール、LINEにてお問い合わせください。

<初回60分まで相談無料です。お気軽にご相談ください>
TEL 078-600-2683 
【受付時間】09:00〜18:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日
メールは24時間受付

当事務所が選ばれる理由

初回相談料無料
飛行許可を取得する場合いくつもの要件を満たす必要があります。当事務所では要件診断や各種相談を初回無料にて承ります。
全国対応
当事務所は全国どの管轄の飛行許可でも迅速に対応し許可取得を最短でサポートします。
明朗会計
当事務所は事前に必ずお見積もりをご提示させて頂いております。また、追加料金も一切頂いておりませんので安心してご依頼いただけます。
明朗会計
当事務所は事前に必ずお見積もりをご提示させて頂いております。また、追加料金も一切頂いておりませんので安心してご依頼いただけます。

私たちが選ばれる理由

ホームページをご覧いただきありがとうございます。当事務所は、ドローン飛行許可申請に特化した専門行政書士事務所です。

「許可の要件が知りたい」

「他の事務所では許可が取れないと言われた」

「なるべく早く許可を取得したい!」

など、ドローン飛行許可申請をお考えの皆様のお困りごとを解決いたします。

当事務所は豊富な経験と独自の行政書士のネットワークにより難しいと言われるご依頼も許可を取得しております。

ご相談、お見積もりは無料です。まずはお気軽にお電話ください。

<初回60分まで相談無料です。お気軽にご相談ください>
TEL 078-600-2683 
【受付時間】09:00〜18:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日
メールは24時間受付

ごあいさつ

はじめまして。
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
花家行政書士事務所 代表の花家 幸二です。

わたしたちの思いは、「いつもあなたのそばに」

当事務所では、常にお客様に寄り添いながら、
みなさまの悩みや不安をお聞きし、解決していきたいと考えています。
お気軽にお問合せください。

サービス紹介

報酬一覧

お手続
料金
ドローン機体登録(1台目) 11,000円(税込)
ドローン機体登録(2台目以降1台につき) 5,500円(税込)
包括申請 33,000円(税込)
個別申請 33,000円(税込)
物件投下・危険物輸送 +11,000円(税込)
農薬散布 +44,000円(税込)
操縦者登録6名以上 +2,200円(税込)/1名
機体登録6機以上 +2,200(税込)/1機種
同一条件での更新申請 22,000円(税込)
飛行実績の報告書(1年間) 22,000円(税込)
弊所で代行した申請の変更(新しく購入した機体の追加等) 11,000円(税込)
個別申請 33,000円(税込)
<初回60分まで相談無料です。お気軽にご相談ください>
TEL 078-600-2683 
【受付時間】09:00〜18:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日
メールは24時間受付

よくあるご質問

Q
ドローンの飛行許可はどのような場合に必要ですか?
A

航空法では主に以下の図のような空域での飛行は許可が必要と定めています。

(無人航空機の飛行の許可が必要となる空域)

Q
無人航空機の飛行の方法について教えてください。
A

無人航空機を飛行させる際は、以下のルールを遵守する必要があります。

Q
ドローンとは?
A

ドローンとは、航空法上の無人航空機をいう。航空法では、「この法律において「無人航空機」とは、航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(プログラムにより自動的に操縦を行うことをいう。)により飛行させることができるもの(その重量その他の事由を勘案してその飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして国土交通省令で定めるものを除く。)をいう。」(航空法第2条第22項)

上記以外の例えば、水中を進む無人機などもドローンと呼ばれることもありますが、ドローン飛行許可の対象としては上記の航空法上の無人航空機となります。

Q
なぜ飛行許可を取得することが必要なの?
A
平成27年に航空法改正により、ドローンの飛行ルールが新たに制定されました。当時は、急速にドローンが普及し始め、飛行のルール化が急務となったためです。以来、飛行許可を取得することが必要になりました。
Q
飛行許可の対象となるドローンは?
A
航空法第2条第22項に定める無人航空機でその重量が200グラム以上のものが規制の対象となります。この重量には、ドローン本体とバッテリーの合計であり、それ以外の取り外しが可能な付属品(プロペラガード等)はここに含まれません。
Q
そもそもドローンってなに?
A
ドローンとは、「無人航空機」の通称として用いられています。無人航空機は航空法において、「人がのることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義されています。Droneという英単語はもともと日本語で「雄バチ」という意味で、プロペラの風をきる音がハチの羽音に似ていることから「ドローン」と名付けられたと言われています。
Q
200グラム未満のドローンは飛行許可を受けなくてもいいの?
A
重量200グラム未満のマルチコプター、ラジコン機等は航空法上「無人航空機」には該当せず、「模型飛行機」として取り扱われます。無人航空機に関するルールの適用はなく、空港周辺や制限高度を超えた飛行を行う際につき、国土交通省の許可が必要になります。しかしながら、法改正の動きがあり、当該200グラム未満のドローンも航空法の規制対象とされる見込みですので、必ずルールは守りましょう。
Q
無人航空機のにはどのようなものがあるの?
A
無人航空機とは、人は乗れないが遠隔操作又は自動操縦で飛行させることができる航空機のことであり、以下のような種類がある。

1.回転翼機

複数のローター・羽・ブレードを持つマルチコプター、ローターが1軸のシングルローター機がある。ドローン、ヘリコプターなど。

2.固定翼機

機体に固定された翼に生じる揚力を利用して飛行する航空機。飛行機、滑空機、グライダーなど。

3.飛行船・気球など


Q
ドローンはいつ頃からあるの?
A

ドローンはかなり昔からあります。

1930年代に遠隔操作で飛行機を操縦できるようになりました。

1935年 イギリスで友人練習機を改造した標的機が開発される

1940年 米国で開発された標的無人機が「ターゲット・ドローン」と呼ばれ、以後ドローンという名称が使われる。

1980年 ヤマハ発動機により世界で初めて産業用無人ヘリコプターが開発される

1990年 農薬散布用のヘリコプターが開発される

2010年 フランスのトイメーカーであるパロット社から模型のマルチコプターが発売され、ドローンが普及した。

Q
ドローンの活用範囲は?
A

建設:施工管理、測量、点検・メンテナンス
設備点検:インフラの点検、警備
農業:農薬散布、肥料散布、播種、受粉、収穫物運搬、鳥獣被害対策、飼育状況の把握、病害の発見
観光・自然:観光地PR、広報活動、森林調査、動物調査
調査:地形調査、地図調査
災害現場:遭難者の発見、物資輸送、被害状況確認、消防活動
スポーツ:ドローンサッカー、ドローンレース、スポーツ中継
エンタメ:映画・テレビなどの撮影、動画撮影、コンサート映像

Q
無人航空機の飛行の方法について教えてください。
A

無人航空機を飛行させる際は、以下のルールを遵守する必要があります。

Step
1
お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。
Step
1
ヒアリング
専門スタッフが現状の確認やお客様のご要望、などをお伺いいたします。
Step
1
ご提案・お見積り
ヒアリングした内容を元にお客様にベストなプランとお見積りをご提案させていただきます。
Step
1
ご契約
お見積もり後必要な契約をいたします。
Step
1
ご入金
お見積り額に基づき請求書を発行いたします。着手時にお支払い頂きます。
Step
1
許可申請の為の書類収集及び書類作成
ご提案させていただいた内容にて業務を実施いたします。
Step
1
申請手続き
オンラインにて申請します。早ければ1週間程度で許可が下ります。
Step
1
ヒアリング
専門スタッフが現状の確認やお客様のご要望、などをお伺いいたします。
<初回60分まで相談無料です。お気軽にご相談ください>
TEL 078-600-2683 
【受付時間】09:00〜18:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日
メールは24時間受付

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。

新着情報

  • ドローンとは?

    ドローンとは、航空法上の無人航空機をいいます。

    航空法では、「この法律において「無人航空機」とは、航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(プログラムにより自動的に操縦を行うことをいう。)により飛行させることができるもの(その重量その他の事由を勘案してその飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして国土交通省令で定めるものを除く。)をいう。」(航空法第2条第22項)

    上記以外の例えば、水中を進む無人機などもドローンと呼ばれることもありますが、ドローン飛行許可の対象としては上記の航空法上の無人航空機となります。

    硬い話はさておき、みなさんのイメージするドローンはどういったものでしょうか?

    技術進歩がめざましく、近未来では「空飛ぶタクシー」なども実用化に向けた取り組みが進んでいます。
    今後、さまざまな用途、形態のドローンが登場することでしょう。ますます楽しみですね!!

  • 飛行許可の基本①

    ドローンを飛ばしたい!!

    でも飛行に際し、許可が必要なのかな・・・

    そう思われている方も多いのではないでしょうか?

    自動車でも交通ルールや道路交通法等があるように、

    空の世界でもルールや法規制があります!!

    ドローンを飛ばす場合、一定の空域を飛ばしたり、一定の方法でドローンを飛ばすときには飛行許可申請が必要です。

    それを定めた法律が、「航空法」です。

    航空法は空の安全を守るために作られた法律です。

    法律と聞くと、難しいイメージになってしましますが、

    そもそも法律は、社会生活において、当たり前に、常識的な行動をとることが書かれているものなのです。

    交通ルールを守って、安全運転をするように、

    空においても、安全な飛行を行うように取りきめられています。

    具体的な規制の内容はまた別のコラムにて。

  • 飛行許可の基本②

    無人航空機の規制の対象となる空域の一番目は、

    空港などの周辺です。

    みなさんもお分かりでしょうが、空港やヘリポートの近くは、航空機やヘリコプターが行きかいます。

    そういったところにドローンが飛んでいると思わぬ事故につながるため、飛行許可申請が必要です。

    簡単に規制対象空域を調べる方法があります。

    「国土地理院地図」です。

    国土地理院地図

    インターネットやスマホで簡単に確認できますので、一度見てみてください。

  • 飛行許可の基本③

    次は飛行する高さに関する規制です。

    地表または水面から150m以上の空域が規制の対象となります。

    高い高度では飛行機やヘリコプターなどが飛行していますので、

    飛行許可申請が必要です。

    なお、150メートルは上図でもわかるように、

    「地表または水面」から150メートルということです。

    つまり山の頂上から150メートルであるとか、

    海面から150メートルであるとかととらえることができます。

  • 飛行許可の基本④

    次に人口集中地区に関する規制です。

    人口集中地区はDID地区とも呼ばれています。

    たくさんの人がいる場所での飛行が危険なのは容易に想像がつくと思います。

    もし、なにかのトラブルがあり、ドローンが落下したりしたら・・・

    そういったことを規制すべく、この場合には飛行許可が必要となります。

    以前、ご紹介した国土地理院の地図でも確認することができますので、

    一度、ご覧になってください。

  • 飛行許可の基本⑤

    次に、規制対象空域について、

    緊急用務空域があります。

     

    この規制は、令和3年6月に法改正がなされて新たに追加されました。

    災害等が発生した場合、緊急用務のため使用される空域です。

    こちらは図にもありますように、原則飛行禁止となります。

    緊急で使用されている空域に、ドローン等が侵入し思わぬ事故等が発生しないように設定されます。

    空域の設定は都度行われます。

    ※緊急用務空域が指定された際は、国土交通省サイト、航空局 無人航空機 Twitterにて周知されます。

    帰化することのにより、日本の戸籍をもつことができます。外国籍のままでは、日本の戸籍を作ることはできません。例えば、ご夫婦で日本人、外国籍の方との国際結婚の場合、日本国籍を取得することで、ご夫婦一緒の戸籍に入ることができます。

  • 航空局HP「無人航空機登録制度」のページに無人航空機登録制度の概要資料が掲載されました!!

    国土交通省は航空局ホームページに「無人航空機登録制度」について、

    制度概要資料などを掲載しましたのでお知らせします。

    【ポイント】

    令和2年6月24日に公布された改正航空法に基づき、無人航空機の機体の登録制度が創設。
    →  所有者等の把握、危険性を有する機体の排除等を通じ無人航空機の飛行の安全の更なる向上を図ります。

    令和3年11月25日に公布された政省令等により、令和4年6月20日に無人航空機の登録が義務化。
    →  本制度の手続等の詳細が規定されるとともに、令和3年12月20日から事前登録が受付開始します。

  • 飛行許可の基本②

    無人航空機の規制の対象となる空域の一番目は、

    空港などの周辺です。

    みなさんもお分かりでしょうが、空港やヘリポートの近くは、航空機やヘリコプターが行きかいます。

    そういったところにドローンが飛んでいると思わぬ事故につながるため、飛行許可申請が必要です。

    簡単に規制対象空域を調べる方法があります。

    「国土地理院地図」です。

    国土地理院地図

    インターネットやスマホで簡単に確認できますので、一度見てみてください。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。
お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

事務所概要

事務所名 花家行政書士事務所
所在地 〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4丁目1番23号
三宮ベンチャービル206号室
TEL 078-600-2683
FAX 078-600-2683
最寄駅 各線 三宮駅より徒歩11分
ポートライナー 貿易センター駅よりすぐ
営業時間 平日 09:00〜18:00 土日祝休み
メールは24時間受付
設立 2018年07月
代表行政書士 花家 幸二

兵庫県行政書士会 第18301610号
申請取次行政書士
神戸商工会議所会員
サムライ神戸ネットワーク所属
相続・遺言実務家研究会会員
身元保証相談士1級
海事代理士
宅地建物取引士
FAX 078-600-2683

花家行政書士事務所